ホーム 全件表示 焙煎豆 スペシャリティ > ケニア・ヴィクトリー
ケニア・ヴィクトリー
クリックで画像を表示

コクと甘さが主体、果物感と苦味も備わり
アフリカ・スペシャルティコーヒーの代表です。


毎年春にケニア国内でオークションが開催され、
世界のバイヤーが参加し高値で取引されています、
アフリカ産では最上位の珈琲豆として高く評価されています。
多くの珈琲豆を知る上級者には避けて通れない完成度。
珈琲の王道を知りたい方にお勧め。
SL28という品種は
1931年に、タンガニカ北部(現在のタンザニア、キリマンジャロ州付近)のブロンズチップ・ブルボン(若葉がブロンズ色)からせレクトされ、後に「タンガニカの耐乾品種」として研究開発された品種。1935年にスコット・ラボラトリー(当時ケニアでのコーヒー研究を行っていた機関)によって発見され、繁殖させた。SLは、スコット・ラボラトリーの頭文字。28番は、さまざまな品種をその特徴ごとに連番でつけていたもの。収穫性が高く、干ばつに強く、高地に適している。カップクオリティーは高く、幅広の葉と赤みがかった若葉が特徴。ケニアでもっとも広く栽培されている品種。


【生産国・地域】
ケニア ケニア山の東側、キリニャガにバラグウィ・コーヒー生産者組合があり、組合所有のガチャミ・ファクトリーで精製

【品 種 ・等 級】
ケニア伝統のSL28

【焙 煎 度 合い】
ハイロースト

【当店焙煎での味の目安】
<甘さ★★★> <コク★★★> <滑らかさ★★> 
<飲みやすさ★★> <特有の香り★★ー> 
<酸味★★ー> <苦味ーーー>
価格:980円
注文数:

| ホーム |