ホーム 全件表示 焙煎豆 スペシャリティ > カナリア・ラ・コルコバーダ
カナリア・ラ・コルコバーダ
クリックで画像を表示

甘く引き込まれるような香りは他に代えがたい稀有な豆です
スペイン領カナリア諸島グランカナリア島の
ラ・コルコバーダ農園のナチュラル精製のティピカ種

レアセレクトは200g以上で受注焙煎いたします








スペイン領、カナリア諸島。
イベリア半島から南西に約1800km、モロッコ南部沖約100kmの大西洋上に浮かぶ島々です。

大変自然の豊かな火山性の諸島郡で、本国スペインに10ヶ所ある国定公園のうち、4つがこのカナリア諸島にあり、世界自然遺産にも登録されています。
ヨーロッパでは高級リゾートとしても有名で、年間1000万人の観光客が訪れるようです。

一般的な「コーヒーベルト」の地域ではなく珈琲生産地の最北でしょうか、大西洋の暖かい貿易風や島特有の環境が珈琲豆生産を可能にしているのかもしれません。

カナリア諸島で栽培されているコーヒーは最上のコクと香りの香味を持ち、スペイン内の最高級レストランなどを中心に大変珍重されているのだそうです。
グラン・カナリア島のラ・コルコバーダ農園のコーヒーも通常はスペイン以外にはあまり流通しない豆です、日本へは毎年10-20キロ程度の輸入しかないのです
エリーゼ・リロイの年産250キロと同程度でしょうか
今は輸入が止まりました「セントヘレナ・ナポレオン・ブルボン種」のような純粋な美味しさがあります
栽培から収穫、精製、天日干しにいたるまで、全てが丁寧な手作りによる豆
原種ティピカ種をその畑を取り囲むようにオレンジやぶどうなどの果樹園が広がっており、風雨から貴重なコーヒーの樹を守っています。
受粉などによる自然交配やハイブリッド化が当たり前の昨今
孤島でしかも果樹園に守られるように単一品種が伝えられているラ・コルコバーダ農園のような形態は極僅か
本来ティピカ種が持っている甘い香り、ふくよかなコク、透明感溢れる余韻を感じてください


【生産国・地域】
スペイン領カナリア諸島・グランカナリア島ラ・コルコバーダ農園

【品 種 ・等 級】
ティピカ種

【焙 煎 度 合い】
ミディアム

【当店焙煎での味の目安】
<甘さ★★★> <コク★★★> <滑らかさ★★★>
<飲みやすさ★★★> <特有の香り★★★> 
<酸味ー> <苦味ーーー>
価格:3,900円

| ホーム |