ホーム 全件表示 焙煎豆 > ゲイシャ・ワイニー(スート)
ゲイシャ・ワイニー(スート)
クリックで画像を表示

ウオッシュド精製のゲイシャに比べ、ワイニー(ナチュラル)精製の特徴があり、生豆の状態からチェリーフレーバーが強い、焙煎中も。
オレンジ、レモンにブルーベリーペイストを練りこんだような香りの強さ。
甘くデリケートな酸味、シルキーな口当たり、フレーバーが口一杯に広がって残る余韻。
パナマ・ハートマンファミリー所有の別農園、オホデアグア。意味は湧水、スプリングウォーターのことです。
農園内に地下水が湧き出ているポイントがあることから命名されました。
「スート」とは農園に生息している野生動物「ハナジロハナグマ」のことで、
ゲイシャ種を植えているブロック名です。
オホデアグア農園はハートマンファミリーが1945年に購入、
この農園は3代目の5人兄弟姉妹が運営管理を手分けして担当。
ハートマン農園よりも100mほど高い位置にあります。
農園の総面積は110ヘクタール(東京ドーム23個分)ありますが
、原生林があるためコーヒー栽培されているのは15%程度、
スートブロックのゲイシャ種は6年前から栽培されています。
価格:3,000円

| ホーム |